町家に住む

舞妓さんが歩く道

古都京都は日本を代表する観光地として世界中の人が訪れる場所です。
数々の寺院や観光名所のそばには日本らしい土産品を売る店も多く点在しています。
寺院にゆかりがある焼き物や古くから受け継がれている伝統工芸の品々など京都という地域の中で育まれたものが広く知れ渡っています。
しかし意外と知られていないのが京都はコーヒーの有名店が多いということです。
コーヒーは日本で生まれた飲み物ではなく海外から伝わったものです。
そんなコーヒーが一番日本らしいといわれる京都で人気となり全国展開をして有名になっている現実があるのです。
コーヒー店の本店前にはガイドブックを手にした観光客が列を作り待ちわびる光景が当たり前になっています。

もちろんコーヒー店の企業努力の成果ではありますが、有名店として名を知らしめるためには京都という風土も影響しているといえます。
観光客が多い場所でおいしいコーヒー店があると噂になればそれだけで客は集まってきます。
地域情報としてガイドブック等に掲載されると観光名所として認知されます。
観光名所には人が集まります。
その作用が良い方向に働いて人気店としての地位を確立していったことが要因のひとつとして考えることが出来ます。
本店が京都にある有名コーヒー店というだけで特別感を演出することが可能です。
いにしえの街として栄えてきた場所で海外から伝わったものが人気となり全国に広がることは新たな歴史の始まりといえます。